トップページ > 最新ニュース > 毛の成長早める仕組み解明、脱毛治療に応用期待

毛の成長早める仕組み解明、脱毛治療に応用期待

毛の成長が止まり、生え替わるまでの準備期間(休止期)を保つ遺伝子を産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の研究チームがマウスを使った実験で発見した。

この遺伝子を抑えると、毛の成長が早まることも確認した。人間にも同じ仕組みがあると見られ、脱毛症治療などへの応用が期待される。

毛は、元になる毛包幹細胞が増える成長期、成長が止まる退行期、休止期の3段階を繰り返し、量を維持する。

研究チームは、休止期に存在し、働きの分からなかったたんぱく質「FGF18」に注目。このたんぱく質の遺伝子を持たないようなマウスを作ると、このマウスの休止期は本来3週間以上続くところが1週間に短縮。毛が生え替わるサイクルも通常の半分の3〜4週間になった。
引用元:読売新聞 2012年2月3日