トップページ > 最新ニュース > 円形脱毛症は病気だと認めてほしい!患者会が活動中

円形脱毛症は病気だと認めてほしい!患者会が活動中

円形脱毛=10円ハゲだと思ったら大間違いだ!――声高らかに叫ぶのは、日本円形脱毛症コミュニケーション(JAAC)の面々。“円形”のイメージから10円ハゲを想像しがちだが、頭髪全部が抜けたり、まだら状に抜けたりと円形なんてカワイイものではない場合も。また、睫毛や眉毛、全身の毛が抜けることもあり、一口に円形脱毛症といっても症状はさまざまだ。カツラも高いものは50万円以上もするが保険は適用されないと、JAAC理事長・岡田幸雄氏は嘆く。

「患者さんのほとんどがカツラを使用しますが、数年で傷むので買い替えが必要で、かなり費用がかさむ病気なんです。加えて、国から研究費をもらえていないため、治療の進展も難しいのが現状です」

円形脱毛症という病気の深刻さを国に理解してもらうべく、今まで集めた署名は約1万2000人。

「デリケートな病気ゆえ、患者さんたちもカミングアウトしたくてもできない。余計に病気の実情が世の中に認知されないんですよね」
引用元: 日刊SPA! 2011年12月12日