トップページ > 最新ニュース > 関節炎などの薬に効果か

関節炎などの薬に効果か

マイク・トーマスさんは40代半ばで頭髪がほとんどなくなり、自己免疫疾患の円形脱毛症と診断された。眉やまつげも消え失せて人の視線を気にするようになり、引きこもりがちになった。「影響は生活のあらゆる局面に及んで、ひどく落ち込んだ」と振り返る。

しかし今年に入って関節炎の治療に使われる錠剤を服用し始めたところ、7カ月でふさふさの頭髪が戻ってきた。

トーマスさんは、スタンフォード大学とイエール大学が実施した臨床試験の被験者だった。この試験では、トーマスさんを含む円形脱毛症の患者66人に、やはり自己免疫疾患である関節リウマチの治療薬「ゼルヤンツ」を服用してもらった。

その結果、被験者の半数以上は再び頭髪が生え、3分の1は失った頭髪の50%以上を取り戻した。

別の研究では、がんの治療薬として承認されている「ジャカビ」を円形脱毛症の患者12人に使用してもらったところ、9人が50%以上の頭髪を取り戻した。

つづき・引用元:CNN.co.jp 円形脱毛症の人に朗報?、関節炎などの薬に効果か 米研究  2016年10月19日


関連するページ

 円形脱毛症の治療法
 円形脱毛症に遺伝子が関連