円形脱毛症の自己診断法 | 円形脱毛症百科

トップページ > 基礎知識 > 自己診断法

自己診断法

1.脱毛部分は境界がはっきりした円形、または楕円形であること。
2.脱毛部分の周囲の毛はひっぱると簡単に抜け、痛みもほとんどないこと。
3.抜け毛の毛根部が極端に委縮していて、細く尖ったり、切れ毛などが見られること。
4.何の兆候もなく突然、脱毛が始まった。
5.爪には小さな凹み、横の溝などの変化みられる。 等が上げられます。

一度にたくさん髪が抜ける場合等は、病気による脱毛の可能性もあるので信用できる皮膚科・専門医に行ってください。


基礎知識

関連書籍

私、ピカピカの一年生 打倒!円形脱毛症

日本人の1.2%が円形を含む脱毛症といわれる。この病に苦しみ絶望の底から立ち上がった経験を通して見えた新風景とは?

マンガでわかる「西式甲田療法」

自身の潰瘍性大腸炎、悪性脱毛症、重症の花粉症を克服した赤池キョウコさん。分かりやすく「西式甲田療法」を紹介しています。

あなただけではない円形脱毛症

円形脱毛症を正しく理解してください。そして、一人だけで脳まないで。患者たちの体験記と医療機関へのアンケート調査結果を収録。


体験談・病院情報を募集しています。 こちらからお願いします。